Quick Test Switcher – テストコードと実装コードの切り替えをショートカットキーで一発で行う

テストコードと実装コードの切り替えといえば、JavaならEclipseに「Quick JUnit Plugin」という便利なプラグインがあります。

 

Visual Studioでもそんなのないのかなーと思っていたら、われらが@bleisさんが作ってくれました!

 

Quick Test Switcher 1.1 をリリースした – 予定は未定Blog版

コードを開いた状態で Ctrl-0 を押すと、対応するファイルがある場合にそれを開きます。

頻繁にテストコードと実装コードを切り替える TDD のお供にどうぞ。

 

まだ、テストを実行する力はないみたいですが、この辺はMSTestならCtrl+R,Tというショートカットキーがあるので無問題!

テストコードと実装コードの行き来はTDDやってると頻繁に行う作業ですので、こういった拡張でハードルを下げるのは大事ですよね。

 

というわけで、とっても便利ですので、みんなそっこーで入れるのだ!

(Expressな人はごめんなさい)

広告

Quick Test Switcher – テストコードと実装コードの切り替えをショートカットキーで一発で行う」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Quick Test SwitcherをVS2012に対応させました « be free

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中