書籍:HTML5開発ポケットリファレンス

http://www.amazon.co.jp/dp/4774150673/

 

新たなマークアップタグからJavaScriptまで、広義の「HTML5」を用いた開発についてのリファレンスです。

 

内容は新たなマークアップタグの中でも、フォーム部品にかかわるものと、Canvas APIやGeolocation APIなどのJavaScriptが主です。

逆引きでやりたいことが調べられるようになっており、使用する要素それぞれに対して、IE、FireFox、Chrome、Safari、Opera、iOS、Androidの対応状況が一目でわかるようになっています。

以前紹介した「C#ポケットリファレンス」と同じような雰囲気で、仕事机の近くに置いておくにはうってつけだと思います。

また、現在はどのブラウザも対応していない仕様についても含まれているのは素晴らしいと思います。今後それぞれのブラウザの対応バージョンが変われば、手書きで修正していけばよいですから。

 

欲を言えば、逆引きのための「目次」の時点で各ブラウザの対応状況が掲載されていると、わざわざ目的のページを開く必要がなくなるので、もっと嬉しいと思います。ただ、これは一つの逆引き項目に対して複数の要素がからんでいる場合もあるので、ちょっと難しいかもしれませんね。

 

これからHTML5で新たにアプリケーションを作る人、既存アプリのHTML5化を行う人は、ぜひ手に取ってみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中