「実例で学ぶASP.NET Webフォーム業務アプリケーション開発のポイント 第5回 データの整合性を確保するためのトランザクション制御」が公開されました

データの整合性を確保するためのトランザクション制御(1/3):CodeZine

業務アプリケーションでは一般的に、多くの種類のデータを複数のユーザーが同時に扱います。そのため、何も策を講じないと簡単にお互いのデータ編集処理がぶつかり、データの整合性が崩れてしまいます。

そこで、データの整合性を保つために重要なのが、次の2つです。

  • トランザクション制御
  • 排他制御

今回、次回と2回にわたってそれぞれ1つずつ取り上げていきます。今回はトランザクション制御について学んでいきましょう。

というわけで、第5回公開されました。

 

結構珍しいEFでのマニュアルトランザクション制御なんかも紹介しています。

よろしければ、是非。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中