書籍:リーダブルコード #readablecode

に脊髄反射で応募したら通ってしまいました。

@kdmsnrさん、ありがとうございました。

 

レビュー

本書の内容、既にある程度コードを書く仕事をしている人なら、別段珍しい話ではありません。ですが、本書はそれぞれの「リーダブル」にするための方法に「名前を付けた」ことが素晴らしいと思います。

例えば、ある程度長いメソッドの一部分をメソッドアウトするというのは私も良くやるのですが、どういう基準でやっているかは意識していませんでした。しかし本書では、その作業に「無関係の解問題を抽出する(p.129)」と名前を付けています。まさに「我が意を得たり」でした。

また、何人かの方が書いていますが、「薄い」のが素晴らしいです。「コードコンプリート」など名著とされる書籍は、その分厚さ(それに伴う高価さ)でどうしても読むのを躊躇した人でも、本書ならさっと手に取って読めるのではないかと思います。

初級者は良いクセをつけるために、ある程度経験を踏んだ中級、上級者は、より「リーダブルなコード」を手に入れるため、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

 

Amazon.co.jpの方にも同じ内容でレビューを投稿しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中