git commit –allow-emptyなコミットは、git rebase -iの初期状態で無視される

小ネタ。

こんなリポジトリがあったとして。

image

“feature1”というメッセージの付いたコミットは、git commit –allow-emptyによるものです。

で、このときに、git rebase –i masterとすると……

image

空コミット行が、初期状態でコメントアウトされています。

なんでこんなことをしようと思ったかというと、「git commit –allow-empty を使った WIP PR ワークフロー – Qiita」を読んで、からコミットできるなら、フィーチャーブランチの最初にコメント書いちゃえばいいんじゃね?と思ったからでした。

でも、rebase -iで先頭行のコメント解除してから他のコミットをsquashとか、地味にめんどいので、お蔵入りかなぁ……

広告

git commit –allow-emptyなコミットは、git rebase -iの初期状態で無視される」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2014年ふりかえり by @masaru_b_cl | be free

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中