OWINについて #niigatapm #nds39 で発表してきました #aspnetjp

この記事はASP.NET Advent Calendar 2014 – Qiitaへの参加エントリです。

昨日は@normalianさんの「Java API for JSON Processing(JSR 353) を利用してASP.NET と疎通してみる – 割と普通なブログ」でした。

さて、皆様24時間降雪量が1mを超えた中、いかがお過ごしでしょうか。私は雪を掘って掘って掘りまくっておりました。今朝は6時を過ぎても除雪車が来ていませんでした。お陰で5時半、7時過ぎと朝から2度の雪掘りです。なお、昨日は昨日でお風呂70杯分くらいの雪をスノーダンプで除雪しました。雪はホントいやです。

そんな豪雪の新潟において先週土曜日、アツいイベントが開催されました。

NDS#39 Niigata.pm tech talk – connpass
Niigata.pm

要はPerlなイベントなのですが、そこに完全アウェイでしたが、私もOWINで一席ぶってきました。

今回デモで使ったソースコードは以下にアップしています。

内容はスライドを見ていただくとして、この発表で得た知見をつらつらと。

  • OwinのセルフホストコードはLinux上のMonoDevelopで同じソリューションをそのままビルドできる
  • Monoを使うとHeroku上にもデプロイできる
  • Azure SDKでWebサイト作ってそのままデプロイできるの便利
  • VS2013かっこいいと非.NETクラスタに好印象
  • OWIN完全にPSGI(二票)
    • C#もPerlやったんや!

そして、ASP.NET 5でOwin.dllが使われていないことからOWINの今後が気になるところですが、ASP.NET 5自体がOWIN実装しており(Microsoft.AspNet.Http名前空間等)、ASP.MVCやSignalR等もその仕組の上に乗っています。したがって、OWINで得た知見はASP.NET 5でも決して無駄にはならないでしょう。

というわけで、(強引に)まとめると

The Owin.dll is dead!? Long live the OWIN!!!

というのが今回の結論でした!

次は@_iwateさんの「ASP.NETプロジェクトからDBコンテキストを切り離してマイグレーションする。 – Qaramell Blog」です。

広告

OWINについて #niigatapm #nds39 で発表してきました #aspnetjp」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Qaramell Blog

  2. ピンバック: 2014年ふりかえり by @masaru_b_cl | be free

  3. ピンバック: ASP.NETプロジェクトからDBコンテキストを切り離してマイグレーションする。 – Qaramell

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中