カテゴリー別アーカイブ: 雑記

2015年ふりかえり by @masaru_b_cl

今年も残すところあとわずか!ということで、昨年に引き続き1年の活動を振り返ってみようと思います。


1月

ASP.NET Identity連載の第8回掲載

昨年からCodeZineで連載中の「ASP.NET Identity入門」の第8回として、Two factor authentication、いわゆる二要素認証について書いた記事が公開されました。

 

Windows向けの開発環境自動構築スクリプト作成

Git for WindowsやVimなどをWindows環境で自動インストールするスクリプトを作成しました。

masaru-b-cl/create-win-dev-env

ただ、その後Windows向けwgetの公開ページにアクセスできなくなったり、Git for Windows 2.x系が公開されたりと、見直ししないといけないなぁと思っています。


2月

「Visual Studioのコード分析機能を利用してコードの品質を上げよう」掲載

CodeZineで「Visual Studioのコード分析機能を利用してコードの品質を上げよう」が公開されました

CodeZineのPR記事「さらに使いやすく便利になった「Visual Studio」を始めよう!」の一つとして、「Visual Studioのコード分析機能を利用してコードの品質を上げよう」が掲載されました。


3月

ASP.NET Identity連載の第9回、第10回公開

ASP.NET Identity入門 第9回が公開されました

外部アカウント認証についての第9回、ユーザー管理機能についての第10回の記事が公開されました。

 

長岡IT開発者勉強会 第40回「初心者Day!」に参加および発表

長岡IT開発者勉強会 第40回「初心者Day!」で発表してきました #nds40 by @masaru_b_cl

WindowsやOfficeなどの基本的なショートカットキーの紹介などで1セッションしてきました。まさかこのときは、これで今年のNDS参加が最後になるとは思っていませんでした…(すいませんすいませんすいm(ry


4月

ASP.NET Identity連載の第11回公開

ロール(権限)管理およびロールによる機能制限方法についての第11回が公開されました。

 

長岡IT開発者勉強会 第41回「入学おめでとう会」のLTと懇親会だけ参加

第41回 長岡IT開発者勉強会に顔出してきた #nds41

この日のNDSは、ずっとお世話になっていて5月に新潟を去った@neko_gata_sのお見送りも兼ねて、本編には参加できませんでしたが最後に顔出しと無茶振りのLTをやってきました。

なお、LTで話した新人研修の話は、その後実践して概ね良い結果でした。改善点などはまた追々アウトプットしていければと。

 

semver.orgの日本語版のtypoへの修正Pull Request作成

Node.js等で採用されている体系的なプログラムバージョニング規約である、「セマンティック バージョニング」の日本語版を読んでいたところ、軽微な誤りを見つけたので修正Pull Requestを作成しました。

このPRは11月に無事マージされ、現在のWebページは正しい内容で読むことができます。


5月

本業が忙しかったこともあり、特に目立ったアウトプットはありませんでした。


6月

実例に学ぶチーム開発におけるNuGet導入のすすめ 第1回公開

VS PR記事の時に案として出たけれど没になったNuGetに関する記事を、ASP.NET Identity連載の合間に、2回に分けて「実例に学ぶチーム開発におけるNuGet導入のすすめ」として執筆しました。その第1回目「チーム開発でもパッケージ管理を容易に! NuGetを活用してライブラリを効果的に配布しよう」が公開されました。

 

EntityClassGeneratorForOracle公開

テーブル定義に対応したEntityクラスを自動生成するコマンドライン実行ファイルである「EntityClassGenerator for Oracle」を公開しました。

masaru-b-cl/EntityClassGeneratorForOracle

このプログラムの元ネタは、@neueccさんの「Micro-ORMとテーブルのクラス定義自動生成について」です。この記事を最初に読んだ時からいつか作ろうとは思っていたのですが、ちょっとまとまった時間ができたので、さくっと作りました。


7月

実例に学ぶチーム開発におけるNuGet導入のすすめ 第2回公開

先月に引き続き、第2回目「NuGetを活用してライブラリの変更に柔軟に対応しよう」が公開されました。


8月

ASP.NET Identity連載の第12回公開

独自の認証処理を行う方法についての第12回が公開されました。


9月

ASP.NET Identity連載の第13回公開

任意のデータストアを使う方法についての第13回が公開されました。

 

OnBuildにMSBuild 14.0向けパッチのPull Request作成

VSでビルドした時にNuGetパッケージを作成、公開できる@kazukさん作のNuGetパッケージ「OnBuild」に対して、VS2015のみの環境で動作しないという問題があることがわかり、その対処の一部としてのパッチを作成しました

ただ、VS2015自体のNuGetの動作がいまいちまだ不安定なので、本当の意味でのVS2015対応はもう少し先になりそう、とのことでした。


10月

ASP.NET Identity連載の最終回公開

本連載の締めくくりとして、ASP.NET 5 BetaにおけるASP.NET Identityについての第14回が公開されました。1年を超える長い連載も、ようやく終了しました。

 

Niigata.NET開催

Niigata.NETを開催してきました #ngtnet

かねてから新潟でも.NETの勉強会を開きたいと熱望してきましたが、@AILightさん、@84taka0310さんのご協力もあり、ようやく開催することができました。

第2回もそれほど間をあけずに開催したいとは思っているのですが、最近多忙で準備する時間が確保できないでいます。春頃を目途にまた準備していこうと思います。


11月

年末に向けで徐々に忙しくなったこともあり、目立ったアウトプットはありませんでした。


12月

Advent Calendar参加

このところ毎年恒例のAdvent Calendarに今年も参加しました。

参加したのは以下の3エントリ。


 

今年はASP.NET Identity記事が終わった後、少し燃え尽き症候群のような状態もあり、アウトプットが比較的少なめでした。それでも、Niigata.NETが開催できたことは、本当に良かった。

来年はプログラマの定年である35歳の今色々と考えるところがあり、すこしじっくりと考えて様々なことに取り組んでいこうと思います。その過程でまたアウトプットすることもあるでしょう。

それでは、みなさん良いお年を!

 

広告

少しの勇気 #childadvent by @masaru_b_cl

というわけで1番乗りさせてもらいます、高野です。以前の「子育てエンジニア advent calendar 2012 : ATND」にも参加していたことをすっかり忘れていましたが、今回の発案者の伊藤さんにバトンタッチしてましたねw

当時から変わったことといえば、次男が生まれて二次の父となったこと、長男が小学生になったこと、といった感じでしょうか。記事を読み返して、当時を懐かしんでもみたりしました。

さて本題。

今回のテーマは「少しの勇気」です。

私は地方のよくある中小SIerでプログラマーとして働いています。都市部の顧客を相手に、2次~3次請けの割合が多く、直案件もちょろちょろとあるような規模だと考えてください。

こういった企業でよくあるのが、「出張」、「時間外勤務」です。月~金は客先に出張で週末は自宅で過ごす、納期に間に合わないので遅くまで作業して補填する、といったことは、残念ながら未だによくあるのが現状です。その理由は様々ですが、どうか「お察しください」ということで…

子供が生まれる少し前くらいまでは、私も多分に漏れずそんな労働に組み込まれていました。しかし、子供が生まれるとわかってからは、そんなことをやっている暇はありませんので、きっぱりと決別しました。

どうしてそんなことができたのか?

それは「声を上げた」からでした。上司を通じ、会社に対し「子供の世話があるので、出張、時間外勤務をしなくて済むよう、配慮をお願いします」と言ってみたのです。

その結果、これまではそういった要望を上げる社員が少なかったのか、案外考慮したプロジェクト、仕事に配属してもらえるようになりました。ここ数年は出張は年に数回日帰りもしくは1泊程度、時間外勤務は突発的なものでまれに数時間発生しますが普段は0という状況です。

おかげで、毎日定時に上がり、家に帰って妻と一緒に夕食を作り、子供達とお風呂に入って寝かし付け、洗濯や食器洗いなどの家事を片付けて、寝る前に少し自分の時間でこういった記事を書いたり、といった生活を送れています。また、今は休止していますが、ここ数年書籍やWeb記事などの執筆を行っていた時間も、こういったこともありそれほど無理せずに確保できました。

もちろん、ある意味「わがまま」を聞いてもらっている状態ではあります。ですので、普段の仕事の生産性を上げたり、自分を社内にとどめていた方が良いと思わせるスキルセットをそろえるといったことはやっているつもりです。例えば、業務システムの基盤の設計、運用を行えるよう知識、スキルを磨いたり、社内のインフラの面倒を見たり、といったことです。

しかし、そういったことを抜きにしても、まずは「声を上げる」という「小さな勇気」が何よりも大事だったように思います。

読者の皆さんの中には、今も大変な勤務状況の方もおられるかもしれません。そんな時は、まずは上司に掛け合ってみてはどうでしょうか?それで待遇が改善されればよし、されずとも「そういう組織」であることがわかるので、環境を変えるという行動への後押しになることでしょう。

現状に不満があるのなら、「小さな勇気」を持って、一歩踏み出してみましょう。動けば必ず「何か」が変わります。

 

明日は@karamem0さんにバトンタッチの予定です。

2014年ふりかえり by @masaru_b_cl

今年も残すところあとわずか!ということで、昨年に引き続き1年の活動を振り返ってみようと思います。


1月

長岡IT開発者勉強会 第35回勉強会(#NDS35)に参加

第35回勉強会(2014/01/18) & 新潟開発者新年会(NDS) – 長岡 IT開発者 勉強会(NDS)にて、ゲストスピーカーとして@ugaya40さん、@liliputさんを招き、「設計≒デザインの話をしよう」というテーマで話をしてきました。

私が担当したセッション内容は以下のエントリにまとめています。

設計(≒デザイン)の話をしよう #nds35 by @masaru_b_cl | be free

この企画は「設計」というものについて真摯に向き合う良い機会となりましたし、後日ありがたいお叱りをいただいたりと、非常に有意義なものでした。

こういった機会は貴重なので、またなにかテーマを決めてこういう場を設けたいと思います。

 

2月

TDDBCのC#用のNUnitを使ったスケルトンを追加

昨年くらいから余裕があるときにいろいろやってるTDD Boot Camp(TDDBC) – TDDBCとしての活動として、TDDBC用のスケルトンにC#用のNUnitを使ったスケルトンを追加しました。

 

3月

年度末進行で忙しく、特にコミュニティ活動はありませんでした。

 

4月

「ASP.NET Identity入門」の連載開始

実例で学ぶASP.NET Webフォーム業務アプリケーション開発のポイント:CodeZine(コードジン)実例で学ぶASP.NET 4.5 Webフォーム 新機能活用法:CodeZine(コードジン)に引き続き、CodeZineで連載を開始しました。

ASP.NET Identity入門:CodeZine(コードジン)

現在第7回まで公開されています。

正直記事を書いている間にもどんどんと進化しているフレームワークで、非常に苦労しました&しています。今後ASP.NET 5に向けても変化があるでしょうし、まだまだ目が離せないテクノロジーです。

この後は、一通り既定のログイン周りの処理を紹介した後に、独自認証の実装や単体テストを行う方法等を紹介していく予定です。が、まだ検証が十分ではないので、年明けから本腰入れて調査に入らないといけませんね。

 

5月

会社で教育担当者になったり、一からWinFormsによる3階層リッチクライアントアーキテクチャ用の基盤を作成したりと、実務は多忙で刺激的だったのですが、コミュニティ活動は完全にお留守でした……

 

6月

情報処理技術者試験-情報セキュリティスペシャリスト合格

6月 | 2014 | be free

というわけで、2回目の挑戦で晴れて合格しました。

これで、めぼしいところ(DB、NW、SC)はとっちゃったので、しばらく情報処理技術者試験は受験見送りです。

 

7月、8月、9月

実務が佳境に入ったり、ASP.NET Identity連載につきっきりで、めぼしい活動は何もできず……

 

10月

GistSharpExtensionをVS2015に対応

VSで現在開いているファイルを一発でGistにアップする拡張機能「GistSharpExtension」を、当時リリースされていたVS “14” CTP(現VS2015)に対応させました。

GistSharpExtension:VS14に対応しました | be free

この拡張機能、正直なところ機能としては枯れてるんで、今後どうしようかと思案中です。案としてはこんな感じ。

  • VS2015 SDKを使い、Code Analyzer、Code Refactoring等を活用
  • ソリューションエクスプローラー上でのコンテキストメニュー拡張
    • 右クリックしたファイルをGistへアップ、等
  • UIをWPFで一新
  • OAuth対応(今はBasic認証なので……)

 

11月

7~9月みたいに、実務が佳境に入ったり、ASP.NET Identity連載につきっきりで、めぼしい活動は何もできず……

 

12月

Niigata.pmにてOWINをテーマに発表

完全アウェーなイベントで登壇してきました。

OWINについて #niigatapm #nds39 で発表してきました #aspnetjp | be free

正直Perlコミュニティの空気は羨ましいです!

 

その他

Git関連

Git関連でいくつかエントリ書いてます。

.NET関連

実務内で得た知見をもとに、一般化していくつかエントリ書いてます。

 

1年を振り返って

今年は記事は書いていますが、実プロダクトとしてのアウトプット、コミュニティへのアウトプットが少ないですね。来年はもうちょっとプロダクトコード出していきたい所存です(毎年言ってる)。

それでは、本年はこれで最後のエントリとしたいと思います。よいお年を!

2013年振り返り by @masaru_b_cl

Inspired by 師走なので今年おこなったプログラマー活動を振り返る – 猫型の蓄音機は 1 分間に 45 回にゃあと鳴く

今年も残すところあとわずか!ということで、1年の活動を振り返ってみようと思います。

 


1月

TDDBC長岡開催宣言!

かねてより開催したいと言ってきたTDDBCを、長岡で開催することにし、その表明を行いました。

 


2月

LTSV祭り参戦

で一時期話題となったLTSVをdynamicに処理するライブラリ「DynamicLTSV」をC#で作成しました。

このライブラリについては、上記LTSV FAQをまとめてくださった伊藤直也さん(@naoya_ito)にも捕捉されたようで、クックパッドの宮川達彦さん(@miyagawa)との対談(Rebuild: 1: Podcasting, LTSV, RubyMotion (伊藤直也))でちょっと触れられています。これはちょっとうれしかった。以下はその文字おこしからの引用。

https://gist.github.com/akiyan/5010610

naoya C#のやつ、僕、C#は本当はほとんど見ないんですけど、ダイナミックなんとかっていう、こう、クラスを使って、型を無視して、値を扱うことができたりしていて。昔、Java書いてたときにそのウェブサービスのWeb APIとか、XMLをパースしたあとに型をマッピングさせるのがすげーめんどくさいとか思ってたんですけど。まあ最近こういう感じでダイナミックにできるんだなーとか、面白かったです、見ていて。

 


3月

共著「JavaScript ライブラリ実践活用〔厳選111〕 」発売

昨年末から執筆を始めていた共著のムックが発売されました。この仕事のおかげで、JavaScriptについて、結構詳しくなれました。また、RxJSやlinq.jsなどのMSよりのライブラリの紹介にも一役買えたのではないかと!

Uncle Bobのエントリ「The Pragmatics of TDD」翻訳

ついカッとなってやった。後悔はしていない。

TDDBC Tokyo 2013-03参加

TDDBC長岡開催に向けて、「TDDBC参加したことないんですよねぇw」って言ってたら、@katzchang@t_wadaが開いてくれたでござる。多謝!

この時は@aetos382さんとペアプロでキャフキャフしましたね。その節はお世話になりました。そしてお題がまさかの「LTSV」というwww

Niigata.LLに祝電?

3/23に開催された、LL言語に関するコミュニティ「Niigata.LL : ATND」に「祝電(?)」ということで、先日公開したDynamicLTSVについて書いたスライドを送りました。

inspireされて@neko_gata_sさんがPerlでdynamicにLTSVの処理を行うコード書いてくれました。が、それが見つからない!

 


4月

VCS(バージョンコントロールシステム)入門

弊社新人教育用にVCS入門を書きました。CC-BY-SAなので、ご自由にお使いください。また、おかしいところがあれば、IssueやPull-Request等でお知らせください。

 


5月

ムックの記事がBuild Insiderに転載される

共著「JavaScript ライブラリ実践活用〔厳選111〕 」の記事の一部がBuild Insiderに転載されました。

私が担当した分は以下の通り。

TDDBC 長岡 1.0開催

TDDBCを長岡でついに開催しました。

また、開催者だったため当日課題を行うことはできませんでしたので、後でやってみました。

ASP.NET 4.5連載開始

CodeZineでASP.NETの新機能を活用する方法を紹介する連載を始めました。

以降12月まで連載が続きました。全記事は以下の通り。

SVN入門

VCS入門と同じく新人研修のために執筆しました。

TortoiseSVNを用いてWindowsでのSVNの使い方のチュートリアルになっています。実はまだ書き終わっていなくて、今14章を書いている途中です。この章で最後の予定。

 


6月

GistSharpExtension、CreateNewGist.exeのGist API仕様変更対応

Gist APIがUser-Agent必須に仕様変更されたため、その対応を行いました。

TDDBC用C#スケルトン作成

クローンすればすぐにC#てTDDを始められる「スケルトン」を作成して公開しました。

他言語、環境のものも多数作成されているので、自分の環境にあったスケルトンを探してみてください。

 


7月

GitHubハンズオン参加

Niigata.scmの第2回イベント「GitHubハンズオン」に参加してきました。一参加者というよりは半分講師業やってましたね。WindowsのGit disに逐一反論する簡単なお仕事を主にやりましたw

このイベントのときはまだSourceTree for WindowsがGitHubと連携していなかったので、Macな方々との違いに戸惑った覚えがあります。今のバージョンでは連携できるようになってますので、Windowsな人も安心してSourceTreeでGitHubいじれます。

 


8月、9月

ASP.NET4.5連載にほぼつきっきりで、他に目立った活動はありませんでした。

 


10月

VS2013 RTM対応

VS2013がRTMとなったことにより、色々やりました。

まずはGistSharpExtensionをVS2013でも拡張機能として使えるように変更しました。

次に、TDDには欠かせない拡張機能「Quick Test Switcher」もforkしてVS2013で使えるようにしました。

この変更はPull-Requesutを送った結果、現在はオリジナルに取り込まれています。

最後に、WPF向けMVVMインフラ「Livet」をVS2013でも使えるように、簡易インストーラーを作成しました。

 


11月

「10日でおぼえるjQuery入門教室」レビュー

WINGSプロジェクトでお世話になっている山田さんのjQuery教本のレビューを行いました。

 


12月

Advent Calendar参加

毎年恒例Advent Calendarの季節到来です。私は次の4つを書きました。


 

今年は書籍、記事は結構書いていますが、blogは少なめでしたね。来年はもうちょっと色々とblogでも発信していきたいと思います。それは自分の為でもあるので。