カテゴリー別アーカイブ: Visual Studio

「アプリを作ろう! Visual C#入門」という本を書きました

アプリを作ろう!  Visual C#入門 Visual C# 2017対応
https://www.amazon.co.jp/dp/4822253554/

サポートページ
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P53550.html

本書は無償で入手できるVisual Studio Community 2017でVisual C# 2017を使用して、プログラミングの楽しさが体験できる入門書です。
開発経験がなくても、全9章を順番に学習することで、プログラミングや開発環境の基礎知識、画面のデザイン、コードの書き方、エラーが起きたときの対処方法などを理解できます。
章ごとに短いトピックで区切られているので、自分のペースで学べます。PCスクールなどの教材としても適しています。

という本を執筆し、この度出版する運びとなりました。

企画自体は1年半近く前からありまして、最初はVS2015向けに書く予定でした。しかし、VS2017のBetaが出てき手タイミング変更を余儀なくされ、年末から再スタートしました。

本書の特徴は何といってもまさに「入門」のための書籍であるということです。

例えば、敢えてC#の言語機能を詳しく説明することはせず、サンプルアプリで使う機能に絞って都度説明するようにしています。初学者のには一度に覚えることはなるべく少なくしてあげないと、混乱してしまうためです。

また、本書の構成で一番気を使ったのが、「どの章でやめても、動かして遊べる」ことでした。初心者向けの教育で何より大事なのは、小さなステップで成功体験を積ませることだと私は思っています。したがって、「今やっている章と次の章をやらないと、そもそもプログラムが動かない」というのは、絶対に避けなければいけません。

そういったことを念頭に置き練った構成が、「各章ごとにアプリがパワーアップしていく」というものです。これにより、初心者でも飽きずに、少しずつ動かして動作を確認しながら進めることもできますし、アプリは少しずつ作って成長させていくものだということも教えられるのではないかと考えています。

すでに述べた通り、本書はC#の機能を網羅することを目的とはしていません。言い換えれば、本書はあくまで「1冊目」としての位置付けだということです。プログラミングは膨大な知識とスキルが必要であり、これは1冊の本を読んだだけでは身につくことはまずないでしょう。むしろ1冊で収めようとすることで情報過多になり、かえってわかりにくくなることだってあると思います。そこで、本書でなんとなく「プログラミングというもの」やIDEの使い方を身に着け、次に網羅系のテキストでより深堀して学ぶというのがお勧めです。

身近にWindowsを使っていてプログラミングを始めたいという人がいるようであれば、ぜひ本書を手に取ってみてください。

広告

過去のバージョンのVisual Studioのライセンスを知る方法

Visual Studioのライセンスについては、Microsoftからライセンス・ホワイトペーパーが公開されています。

Visual StudioとMSDNのライセンス ホワイトペーパー
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13350

ただ、こちらからダウンロードできるのは最新バージョン(現時点ではVS2015)のものしかありません。それでは、諸事情で過去のバージョンのライセンスについて知りたい場合はどうすればよいのでしょう?

そんな時は、対象バージョンのCD、DVDメディアをエクスプローラーで開き、ルートにある、「license.htm」ファイルを開けば、おそらく望みのものが得られると思います。実際にメディアがなくとも、MSDNサブスクリプション契約していれば、過去のバージョンのISOファイルがダウンロードできるはずですので、そちらをマウントすればOKです。

CodeZineで「Visual Studioのコード分析機能を利用してコードの品質を上げよう」が公開されました

CodeZineの連載「さらに使いやすく便利になった「Visual Studio」を始めよう!:CodeZine(コードジン)」に、再び寄稿しました。

Visual Studioのコード分析機能を利用してコードの品質を上げよう (1/3):CodeZine

 プログラムを作成していく中では、コードの保守性を常に意識する必要があります。ただ、一概に保守性といっても、その内容はさまざまです。そんな保守性の指標の一つに、コードが「ガイドライン」に沿っているかどうかというものがあります。ただし、人がその目ですべてを確認するのは現実的ではありません。そこで、「ガイドライン」の一部については、ツールを用いてチェックしてしまいましょう。そのための機能がVisual Studioに搭載された「コード分析」機能です。本記事では、コード分析機能がどのようなものであるか、どのように実行するか、またチーム開発で活用する方法を紹介します。

以前はFxCopと呼ばれていた機能について、概念、使い方、分析結果への対応方法、ルールセットの変更方法、ルールセットの配布方法など、盛りだくさんでお送りしています。

ぜひ、チーム開発にお役立てください。

CodeZineで「拡張機能を利用してVisual Studioをより便利にしよう」が公開されました

CodeZineで始まったVisual Studio連載「さらに使いやすく便利になった「Visual Studio」を始めよう!:CodeZine(コードジン)」に、私も寄稿しました。

拡張機能を利用してVisual Studioをより便利にしよう (1/6):CodeZine

Visual Studioはインストール直後の状態でも数多くの機能が搭載されており、非常に便利に使えます。しかし、使っていると「あれができれば」「これがもっと簡単にできないのか」といった不満が段々と出てくるものです。あなたのそういった不満は、もしかしたら「拡張機能」を利用すれば解決できるかもしれません。本記事では「Visual Studio Gallery」で公開されている拡張機能のいくつかについて、その機能、活用法を紹介します。

ちなみに、連載初回は@statemachineさんの「Visual StudioとMicrosoft Azureで楽々クラウド開発 (1/4):CodeZine」ですので、こちらもどうぞご覧ください!

なお、私は別テーマでもう一稿予定していますので、こちらも楽しみにお待ちください。

Visual Studio 2013 Update 4 RCが公開されました

Visual Studio/TFS 2013 Update 4 RC Available | A Developer’s Life

In case you missed it, Visual Studio 2013 Update 4 RC (Release Candidate) is now available for download. Also, this is a “go-live” release which means you can use this update in production environments and there will be a supported upgrade path from the RC to the final release (RTM) version.

VS2013 のUpdate 4が公開されました。Go-LiveでRTMへのアップグレードパスも含まれているので、即投入できますね。

 

ダウンロードはこちらからどうぞ。

Download Microsoft Visual Studio 2013 Update 4 RC from Official Microsoft Download Center

 

Update 4の変更点はこちらからどうぞ。

Description of Visual Studio 2013 Update 4 RC

 

ざっと眺めた感じ、Premium以上の内容が多い感じはありますね。気になるところではこちらですかね。

  • Owin 3.0
    Owin 3.0 NuGet パッケージを使用するようにテンプレート パッケージが更新されます。Owin 3.0 リリース ノートを参照してください。

Owinもどんどん進化していくので、ちゃんと追っていかないといけませんね。

GistSharpExtension:VS14に対応しました

GistSharpExtension

VS 14 CTPも4まで来たので、正式リリースより二足ほど先に対応しました。

 

残念ながらVS 14の拡張機能マネージャーに出す方法がわからなかったのですが、ダウンロードしたVSIXを開けば、次のように問題なくインストールできます。

 

image

 

VS 14でも快適なGistライフを!

最強のWPF MVVMインフラ「Livet」をVS2013で使う

最近GitHubの界隈の誤報で一躍有名となった”MVVM”GUIアーキテクチャパターン。

そのオリジナルたるWPFでMVVMをサポートするインフラには、MVVM Light ToolkitPrismなど色々とありますが、それらの中でも最強のMVVMインフラが「Livet」です。

 

LivetLogo

 

そのLivetは専用のインストーラーにより導入することが推奨されていますが、インストールパッケージを作るためのツールのバージョンの関係で、先日リリースされた「Visual Studio 2013」にはまだ対応していません。しかし、せっかく素晴らしいツールですから、ぜひともVS2013でも使いたい、そう思うのが人情というものです。

 

そこで、簡易的にVS2013でもLivetを使えるようにする、インストールスクリプトを作成しました。

 

Livet/Installer/simple_installer_for_vs2013.bat at add-simple-installer-for-vs2013 · masaru-b-cl/Livet · GitHub

 

GitHubからリポジトリをcloneやダウンロードした後、Installerフォルダーに上記スクリプトを配置して実行してください。やっていることは、LivetのインストーラーがVisual Studioのインストールフォルダー内にインストールするスニペット、テンプレートを、「ドキュメント」フォルダー内の「Visual Studio 2013」のスニペット、テンプレート用フォルダーにコピーしているだけです。

 

image

image

 

Livetの素晴らしいところの一つは、プロジェクトテンプレートにコアライブラリも含まれているため、追加で参照設定必要がないことです。おかげで、こんな簡単なスクリプトでインストールしたテンプレートでも、Livetのプロジェクトを作成、ビルド、実行できます。

 

image

 

VS2013正式対応版のLivetがリリースされるまでの「繋ぎ」として、是非活用ください!