月別アーカイブ: 2010年3月

ASP.NET MVC 2 RTM

3/12、いよいよASP.NET MVC 2がRTMとなりました。

ASP.NET MVC 2 Released – ScottGu’s Blog

 

MVC 1の頃は触ってすらいなかったのですが、これをきっかけとして、少し触ってみようかと思います。

 

インストール方法

  1. 上記のエントリにも紹介されている、以下のダウンロードページを開きます。
    Download ASP.NET MVC 2 using the Microsoft Web Platform Installer
    • Web Platform Installer 2.0(以下PI)がインストールされていない場合、PIのダウンロードが促されます。
      image
    • PIをインストール後「インストールを終了」のリンクをクリックすると、PIが起動します。
    • PIがインストール済みなら、上記URLを表示すると直接PIが起動します。
  2. Web Platform Installer 2.0にて、「ASP.NET MVC 2のインストール」が表示されるので、チェックをつけて[インストール]ボタンをクリックします。
    image
    • Visual Studio 2010 日本語版Beta2(以下VS2010Beta2)をインストールしていると、ASP.NET Preview 2がすでにインストールされているため、次のようなエラーが表示されて、インストールできません。
      image
    • VS2010Beta2をアンインストールするには、MSの岩田さんの次のエントリを参考にしてください。
      Masaki Iwata’s blog : Visual Studio 2010 beta をアンインストールする方法
  3. ライセンス条項に同意する場合、[同意する]ボタンをクリックします。
     image
  4. インストールが始まります。
    image
  5. 次の画面が表示されたらインストール完了です。[完了]ボタンをクリックして画面を閉じます。
    image 

 

ASP.NET MVC 2プロジェクトの作成

  1. Visual Studio 2008かVisual Web Developer 2008 Express(以下VWD)を起動します。今回はVWDにしました。
    image
  2. 「スタート・ページ」の「作成」から[プロジェクト]を選択します。
    image
  3. [Visual Basic]→[Web]か[Visual C#]→[Web]を選択します。
    image
    テンプレートに以下の2つが追加されています。
    • ASP.NET MVC 2 Web Application:初期状態でいろいろと用意されたテンプレート
    • ASP.NET MVC 2 Empty Web Application:最低限のものだけのテンプレート
  4. [ASP.NET MVC 2 Web Application]を選択してプロジェクトを作成します。
    image
    • プロジェクト内のファイルは以下のようになっています。
      image image

 

今回はここまでとします。私もまだどういう仕組みか把握していないもので・・・f(^^;

広告

Windows Live WriterのCode Snippetプラグインを改造

このblogはWindows Live Writerを使って書いています。そして、Windows Live Writerにはコードを装飾するためのプラグインとして、Code Snippetがあります。

ただ、現在ダウンロードできるバージョンでは、C# 3.0に対応しておらず、以下のようにLINQで使用するキーワードが色付けされませんでした。

   1: var q = from item in items
   2:         where item.code = "hoge"
   3:         select item
   4:         ;

なんとかできないかと考えていたところ、Code SnippetがCodePlexで公開されているオープンソースソフトウェアであることを思い出し、自分で修正することにしました。

 

そして修正したアセンブリが以下のファイルです。

http://cid-80cbc8a86e0d223b.skydrive.live.com/embedrowdetail.aspx/.Public/CodeSnippetPluginPatch/CodeSnippet.dll

Code Snippetインストール後、このファイルで%Program Files%Windows LiveWriterPluginsの同名ファイルを置き換えればOKです。

 

修正後は以下のように無事色付けされるようになりました。

   1: var q = from item in items
   2:         where item.code = "hoge"
   3:         select item
   4:         ;

 

最後に、修正したソースのpatchファイルを添付しておきますので、興味のある方はソースコードをダウンロード後、patchを適用してコンパイルしてみてください。

http://cid-80cbc8a86e0d223b.skydrive.live.com/embedrowdetail.aspx/.Public/CodeSnippetPluginPatch/linq_highlight_add.patch

blogを始めました

実名でのblogを始めてみました。まずは自己紹介から。

 


名前は高野 将、新潟県長岡市の某SIerに勤務するIT系エンジニア。

年齢は30前後で一児の父。

 

学生時代は吹奏楽部に所属し、指揮者、バスクラリネット奏者として活動。

社会人になってからも市民団体で活動はしていたが、子供の誕生とともに休止。

 

現在は主に.NET、Javaを中心に受託アプリケーション開発に従事。

また、長岡IT開発者勉強会(NDS)でセッションを行うなど、コミュニティ活動も行う。


 

このblogでは、主に.NET関連技術について書いていこうと思っています。

まだ具体的なテーマは決めていませんが、ぼちぼちマイペースでいきますので、よろしくお願いします。