カテゴリー別アーカイブ: ASP.NET

ASP.NET Identity入門 第9回が公開されました

CodeZineで連載中の「ASP.NET Identity入門」の第9回が公開されました。

 

外部アカウントを使ったログインをASP.NET Identityで実現する

 

Twitterのアカウントを使ったログイン方法について解説しています。

広告

OWINについて #niigatapm #nds39 で発表してきました #aspnetjp

この記事はASP.NET Advent Calendar 2014 – Qiitaへの参加エントリです。

昨日は@normalianさんの「Java API for JSON Processing(JSR 353) を利用してASP.NET と疎通してみる – 割と普通なブログ」でした。

さて、皆様24時間降雪量が1mを超えた中、いかがお過ごしでしょうか。私は雪を掘って掘って掘りまくっておりました。今朝は6時を過ぎても除雪車が来ていませんでした。お陰で5時半、7時過ぎと朝から2度の雪掘りです。なお、昨日は昨日でお風呂70杯分くらいの雪をスノーダンプで除雪しました。雪はホントいやです。

そんな豪雪の新潟において先週土曜日、アツいイベントが開催されました。

NDS#39 Niigata.pm tech talk – connpass
Niigata.pm

要はPerlなイベントなのですが、そこに完全アウェイでしたが、私もOWINで一席ぶってきました。

今回デモで使ったソースコードは以下にアップしています。

内容はスライドを見ていただくとして、この発表で得た知見をつらつらと。

  • OwinのセルフホストコードはLinux上のMonoDevelopで同じソリューションをそのままビルドできる
  • Monoを使うとHeroku上にもデプロイできる
  • Azure SDKでWebサイト作ってそのままデプロイできるの便利
  • VS2013かっこいいと非.NETクラスタに好印象
  • OWIN完全にPSGI(二票)
    • C#もPerlやったんや!

そして、ASP.NET 5でOwin.dllが使われていないことからOWINの今後が気になるところですが、ASP.NET 5自体がOWIN実装しており(Microsoft.AspNet.Http名前空間等)、ASP.MVCやSignalR等もその仕組の上に乗っています。したがって、OWINで得た知見はASP.NET 5でも決して無駄にはならないでしょう。

というわけで、(強引に)まとめると

The Owin.dll is dead!? Long live the OWIN!!!

というのが今回の結論でした!

次は@_iwateさんの「ASP.NETプロジェクトからDBコンテキストを切り離してマイグレーションする。 – Qaramell Blog」です。

ASP.NET Identity入門 第6回が公開されました

CodeZineで連載中の「ASP.NET Identity入門」の第6回が公開されました。

 

ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~メールを使ったアカウントの確認

 

前回に続いて、アカウントの確認の解説の完結編です。メールで何かしらの情報を送るのは大体同じ形なので、まずはアカウントの確認をしっかりと押さえておくとよいと思います。

ASP.NET Identity入門 第5回が公開されました

CodeZineで連載中の「ASP.NET Identity入門」の第5回が公開されました。

ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~メール連携機能のためのメール送信処理

今回から数回にわたって、ASP.NET Identity 2.0で追加されたメール連携機能を取り扱います。初回の今回はメール連携のための下準備と、「アカウントの確認」処理の中でメールを送信するところまで紹介しています。

なお、実は今回の記事、書き上げたと思ったタイミングでASP.NET Identity 2.1とVS2013 Update3がリリースされて、サンプルを新テンプレートで作り直したりと結構苦労しましたf(^^;

ASP.NET Identity入門 2-4回が公開されています

すっかりここに書くのを忘れていましたが、CodeZineで連載中のASP.NET Identity入門の第2回から第4回までが公開されています。

連載はまだまだ続きますので、今後の記事にもご期待ください。